2013年1月10日 「仮設石巻渡波北部第三団地、垂水団地 支援活動」(第56回)

〇支援場所 仮設石巻渡波北部第3団地(12)、垂水団地(24)
〇奉仕者  9名
〇支援内容 仮設に戸別訪問し個配キットをお渡しする。第3団地の談話室で集会。絵手紙教室、賛美と証、じゃんけんゲーム、お汁粉提供、物資提供。

今年初めての支援活動でした。

仮設団地に到着するとすでに談話室は温められ集会に参加される方々がお待ちでした。今回は7名の参加でした。男性も3名おられ、それぞれ絵手紙を楽しみました。お汁粉とお漬物の食事のあとは自己紹介をし、被災体験などをお聞きしました。福音演歌と証の時も初めて持ち、神様のお働きをご紹介でき感謝な時となりました。

戸別訪問も行い、集会に参加されない方にお汁粉をお届けしました。渡波の自宅が被災し、以前頻繁に会っていた友人とも疎遠になったと話されました。

ご近所に戸別訪問をしている時に自転車の70歳代の男性とお会いし、個配キットを差し上げました。渡波の方ですが、抽選で仮設は遠くに入居、毎日自宅が気になって通われているそうです。

平日はお年寄りの方が多く、参加者も少ないですが、ゆっくりお話ができます。小さな働きですが、被災者の心に寄り添い続けて行きたいと思わされています。

(高橋裕子)

カテゴリー: 支援活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です